キフレポ

日本人ではなく地球人として生きる ~地球の友と歩む会について~

日本人ではなく地球人として生きる ~地球の友と歩む会について~

インドネシアとインドを中心に、現地のNGO団体と共同パートナーという形で支援活動を行っている「地球の友と歩む会(LIFE)」。 近年、インド・インドネシアは発展してきていると言われていますが、都市と農村では生活環境はもちろん、モノの取り扱い方ひとつをとっても、まだまだ貧富の差が根強く残っているのが現状です。この課題に対して現地の人たちが自らの手で改善していけるよう手助けをしているのが、今回取材したLIFEです。

日本からの支援だけという一方的な形を取るのではなく、現地NGOのパートナーとして一緒に考え一緒に取り組み、いずれこの地の問題をなくしていこうというスタンスがLIFEの特徴です。10年、20年経っても農村に住む人たちがお金の面でも心の面でも安心して暮らせるように、そんな思いで取り組み続けています。

パートナーとしての支援とは一体どういうことなのか?

ここからは具体的なLIFEの活動内容をご紹介します。第一声は現地のNGOから始まります。例えば、インドネシアのNGOから「農村の発展の為にマングローブの植林を行いたい」との相談があった場合、「農村の発展の為に」という部分がLIFEの目指す方向性と同じであるので第一段階クリア。LIFEはその目標に向けて共に解決していく意思を伝えます。次にそのNGOから植林活動に必要な物資調達費用や人件費などをまとめた見積を受け取り、LIFEのインドネシア担当者が現地視察に向かいます。

そこでは以下のことを調査します。

・本当に植林が必要な地域であるのか

・その植物はこの地の気候や地質に適しているのか

・植林後の世話を行うしくみはあるのか

その結果をもとに必要物品を調達し、その他植林当日に向けての細かい段取りを済ませた後、やっと植林活動を実現させることができるのです。ちなみにインドネシアでは植林の際、警察や公的機関の関係者の立ち合いのもと植林活動が行われました。というのも、マングローブの苗の価値は1本100円ほどで、これは現地の一般家庭のお昼ご飯10食分に相当します。つまり、インドネシアにおいてマングローブの苗というのは、とても価値のあるものということなのです。そのため、警察などの公的機関の職員を巻き込むことで盗難事件を防いでいます。幸いにも、今までのLIFEの活動において事件は発生していません。植えるだけでなくて植林という行為を長い目で見ると、この地とこの地に住む人々のためになるという理解を促すことも必要な活動の1つとなってくるでしょう。

一度きりではなく持続可能なものにするために

LIFEの方針にあるように、植えて終わりではなく植林後も年2回ほど定期的に現地視察を行い、長期的な現地支援活動を行っています。この一連の流れの中でパートナーとして取り組むという姿勢はどこにあらわれているか。それは実際に木を植え育てるのはLIFEではなく、現地のNGOであり市民であるというところです。

最初の一歩を踏み出す手伝いは惜しみなくするが、ここから育てて伸ばして地域に根付かせていけるかは現地の人たち次第なのです。もちろんその各段階でLIFEにできる範囲の事であれば手を尽くします。

現地のことは現地の人たちで解決できることが理想ではありますが、現地NGOだけではどうしても解決しきれないことも、まだまだ多くあります。そこで共同パートナーとして支援していくことで、1回きりでない持続可能なものにしていくことができるとLIFEは考えています。そして、ゆくゆくはLIFEが手を引いた後も現地の人たちだけで回していけるようにという思いも込めて共同パートナーという形をとっているようです。

「自分が頑張った分、現地の人たちの支援につながっているということが続けていける原動力になっていて、自分自身とても勉強にもなっている。毎日同じ業務はないからこの仕事が楽しい」と佐藤さんは言う。

地球に生まれてきた者として、私にも何かできることがあるのではないか。そう思えるようなお話でした。

モノキフで応援しませんか?

NPOの活動は寄付で成り立っています。でも、お金の寄付はちょっと。そんな方のために断捨離するだけで応援できる仕組みをご用意しました。