NEWSリポート記事一覧

伝えるだけでは意味がない、実践することの意味を問うNPO

ストラディバリウスという楽器は、音もさることながら価格も破格だ。オークションなどに出品されると10億円以上の高値で取引されるそうだが、ここまでベラボウな理由は、現在の技術では製造することができなくなってしまったからだ。このような失われた技術のことをロストテクノロジーというが、当然ながらこれは海外だけの話ではない。例えば、かつて日本には大和という戦艦があった。これが海の藻屑となったのは1945年。それから数十年しか経っていないが、取りつけられていた主砲はもう作ることができないらしい。ストラディバリウスに戦艦大和の主砲というと遠い話のようだが、もっと身近なロストテクノロジーもある。それが棚田だ。

あと5年で棚田がなくなるかもしれない

棚田とは何か。山間部に住んでいた人たちが長い年月をかけて培ってきた農業技術で、傾斜地に石垣を積み上げて作った段々の田んぼである。「段々畑」とも呼ばれる。そんな棚田が後継者不足によって失われつつあるのだが、それを必死に食い止めようとしているNPOがいる。それがNPO法人棚田LOVER’sだ。2007年に理事長である永菅さんが、学生とともに立ち上げたNPOで、大学生の頃に農家の方から「あと5年で棚田がなくなるかも」という話を聞いたのが、団体を立ち上げようと思ったきっかけだという。活動のキャッチコピーは『棚田を愛し、棚田を育む ~未来の子どもたちのために~』。ただ、このNPOが面白いのは、棚田を残せと闇雲に叫ぶだけではないということだ。

「棚田のことを伝えていくことは大切ですが、伝えるだけでは説得力がないと思うので、団体でもお米を育てることにしました」と永菅さんは言う。

伝えるだけでは意味がないので、お米を育ててみた

農業をスタートした初年度から痛い目に合った。農家を悩ませるものといえば鳥獣被害。そのことは頭では分かっていたつもりだったが、収穫間近になったある日、田んぼに出てみるとイノシシやシカが荒らしたのか、稲が真っ逆さまにひっくり返っていたのだという。

結果、収穫できたお米は手のひら1杯分だった。

最初はそんな有様だったが、試行錯誤を繰り返し、このNPOも今では立派な10年選手。現在は『棚田エコ学園』と称した、今年で5年目となる本格的なお米を育てることを学ぶことができる講座や、棚田で穫れたお米と新鮮な野菜を通信販売する『農楽屋(のうがくや)』の他に、さまざまなイベントも行っている。

モノキフしませんか?

リユースでNPOに寄付できる