キフレポ

オコタック、外国にルーツを持つ子どもたちと見つめる未来 ~ お互いがお互いを認め合う共生の場づくり

副理事長の村上さんと事務局長の橋本さんにお話を伺いました。とても優しい方々で、和やかな雰囲気でお話を聞くことができました。個人的にもたいへん勉強になりました。まず、どのような問題に対して取り組みを行っているのかを伺ったところ、「親の都合で外国から日本に連れてこられた子ども」に対しての支援を行っているとのことでした。現在、外国人労働者の受け入れが推し進められている中、そんな両親に付き従って日本へと来ることになる子どもたちも増えています。問題点としては、日本語教育が全く行われずに日本に来ることになる子どもたちがほとんどで、その多くは日本語が話せないことに端を発するコミュニケーションの断絶によるイジメや孤立状態に陥るといった困難を抱えています。

外国をルーツに持つ子どもも平等に力を発揮できる大切さ

「こうした子どもたちは、増えてきているし、これからも増えていく。けれどもそうした子どもたちへの一般的な認知は高いとは言えない。支援も十分ではない」

「外国にルーツを持つ子どもたちも、日本の将来を担っていく優秀な人間になっていく。子どもたちに十分に教育を受け、子どもたちが自分の力を発揮できるように支援するというのが、私たちの仕事です」そう言うのは橋本さん。

実際のところ、そのような子どもたちが増えてきているということを、あまりよく知りませんでした。しかし、お話を聞き問題について考える中で、そういった子どもたちに支援を行うことの重要性を感じました。そして、その問題に対して取り組むことの大切さが身に染みて分かりました。

具体的な活動としては、例えば、教職員向けのセミナーを行い、日本語が苦手な子どもたちへの教育の行い方について講習を行ったり、大阪市立図書館で多言語の絵本を展示したり、と幅広い活動を行っています。

子どもたちの自尊感情を育むために

補足説明になりますが、図書館で啓蒙活動を行うことは、外国にルーツをもつ人たちにとって、日本の図書館(図書館を無料で利用できない国もある)というものを身近に感じてもらうきっかけを作るとともに、お互いがお互いを認め合う「共生」の場を作ることを目指している、とのこと。活動は他にも多岐に渡っています。

インタビューを行う中で印象に残った言葉があります。それは、「子どもたちが自尊感情を持てるようにする」という言葉です。外国にルーツを持つ子どもたちは、母国語が日本語でないことから、いじめ、孤立を経験してしまい、自尊感情が低下してしまうことが多いそうです。しかし、「周りと違う母国語を持っていること」を肯定的にとらえることができたら。例えば、そのような思いから、外国観光客向けのボランティアを開催しています。母国語を使うことが誰かのためになる、ということを実感させたい、という願いの基に。

話を伺うとともに、子どもたちには自分の特徴をマイナスではなく、自分の長所として肯定的に捉えて欲しいと思いました。確かに、自分と周りの『日本人』との違いに悩むことはあるかもしれない。しかし、その違いを肯定的にとらえて欲しい。そのような祈りをせずにはいられませんでした。

モノキフで応援しませんか?

NPOの活動は寄付で成り立っています。でも、お金の寄付はちょっと。そんな方のために断捨離するだけで応援できる仕組みをご用意しました。